看護師の仕事・求人の探し方とメリット・デメリット

看護師の仕事・求人の探し方とメリット・デメリット

妊娠・出産、子育てやキャリアアップなどのため、働く場を変えることの多い看護師ですが、そもそも看護師はどのようにして求人を探し、転職をしているのでしょうか。

 

看護師の仕事の探し方として、友達から病院を紹介してもらう方法や広告などを見て自分で探す方法など様々な方法がありますが、ここでは多くの看護師が転職の際に利用している、看護師転職の3大パートナー「転職サイト」を活用する方法、「ハローワーク」を活用する方法、「日本看護協会(ナースセンター)」を活用する方法それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

 

 

看護師転職支援サイト

看護師の就職・転職活動全般を支援するサービスです。
運営は、民間の企業が行政の認可を受けて行っています。

 

サービス利用者一人一人に専任のキャリアパートナーが付き、求人情報の提供や各医療機関との条件交渉、転職における相談・アドバイスを行います。

 

 

メリット

  • 無料で利用することができる
  • 非公開求人を含め膨大な数の求人情報を保有しているため、転職の選択肢が広がる
  • キャリアパートナーが提供する情報には、その職場で働くスタッフの様子や職場の雰囲気など施設内部の情報も多く、より詳細な求人先の情報が分かる
  • 給料や勤務時間など自分では言い出しにくい条件交渉もキャリアパートナーが代行してくれる
  • 求人情報の提供から面接の設定、勤務条件の交渉を行ってくれるため、転職の手間が省ける
  • 履歴書の書き方や面接のポイントについてキャリアパートナーからアドバイスを貰える
  • 新しい職場への不安など転職における悩みについてキャリアパートナーに相談できる
  • 求人掲載をしていない施設への求人の問い合わせ・交渉をしてくれる

 

 

デメリット

  • 転職活動が、キャリアパートナーの質によって左右されることもある
  • あまり望まない求人先への面接・転職をすすめてくるキャリアパートナーもたまに存在する

 

 

転職サイトのメリットは、求人先の内情など、より詳細な情報が入手できることにくわえ、自分の希望に沿った病院の紹介や面接の設定、勤務条件交渉など転職活動の大部分をサポートしてくれることにあります。

 

このことから、転職サイトは特に働きながら転職活動を行っていてあまり時間がない方、転職に手間をかけたくない方におすすめです。

 

しかしデメリットに示したように、キャリアパートナーの質によって、転職が左右されたり、あまり望まない職場への転職をすすめられたりと不快な思いをする場合があります。

 

対策としては、自分が「どのような職場で働きたいか」という考えをしっかりと持つことです。

 

転職は今後の生活に大きくかかわってくるものなので、断るのも悪いからと妥協するのではなく、自分の考えをキャリアパートナーに、はっきり伝えることが大切です。

 

それでもキャリアパートナーと上手くいかない場合は、担当のキャリアパートナーを変えてもらうというのも一つの方法です。

 

 

ハローワーク(公共職業安定所)

公共職業安定所のことをいい、国民に安定した雇用機会を確保する事を目的とした行政機関です。

 

求職者に対する就職・転職についての指導・相談、適性や希望に沿った職場への職業紹介、雇用保険の受給手続きなどを行っています。

 

全国に窓口があり、看護師以外にも多くの職種の求人を扱っています。

 

 

メリット

  • 無料で利用することができる
  • 行政機関であり全国に窓口があるため安心して利用することができる
  • 採用側に費用的負担がないので採用のハードルが低くなる場合もある
  • 職員に施設の求人掲載の回数や現在の応募状況の確認ができる
  • 地方の求人に強い
  • 履歴書・面接講座に参加することができる
  • 雇用保険による各種手当を受けることができる

 

 

デメリット

  • 扱う職種も多いため看護師に特化したサポートは受けられない
  • 施設によっては、求人情報の記載が少なく、内容が不明瞭なことも
  • 給料や勤務時間など紙面上の求人情報しか得られず、その職場の雰囲気などが分からない
  • 求人を募集中でもハローワークへの求人掲載を行っていない施設もあり、求人情報が限られる
  • 職探しや応募手続きなどを自分で行わなければいけないので、時間と手間がかかる

 

 

ハローワーク(公共職業安定所)は、特に地方の求人情報に強く採用側にも費用的な負担がないため、ハローワークにしかない求人があったり、場合によっては採用のハードルが低くなるといったメリットがあります。

 

しかしハローワークは看護師以外の一般の職種の情報も多く取り扱っているため、看護師に特化したサポートは受けにくく、求人側の内情が分からないというデメリットが存在します。

 

雇用保険による手当を希望している方や時間に余裕のある方、地方での就職を希望しており、友人がその施設で働いていてその職場の内情を知っている方などにおすすめです。

 

 

ナースセンター(ナースバンク)

看護業界の発展及び看護師のスキルアップを目的とした公益社団法人日本看護協会が運営する転職サービスナースセンター(ナースバンク)。

 

全国の各都道府県ごとに都道府県知事の指定を受けたナースセンターがあり、求職者に対しての職業紹介を行っています。

 

 

メリット

  • 無料で利用することができる
  • 日本看護協会が運営しているため、安心して利用することができる
  • 求人情報数を豊富に取り揃えている
  • 面接日時の設定・紹介状の発行をしてもらえる
  • 採用側に費用的負担がないので採用のハードルが低くなる場合もある
  • ナースセンターが運営する研修や講習会などのイベントに参加することができる
  • 転職における不安や悩みを看護資格を持つ職員に相談することができる

 

 

デメリット

  • 職員は看護資格を有しているものの、転職においては詳しいアドバイスが貰えないこともある
  • 職場を自分で探さなくてはならないため、時間と手間がかかる
  • 職場の人間関係や上司の人柄といった職場の雰囲気までは分からない
  • 仕事が決まるまでのスピードが遅い

 

 

ナースセンター(ナースバンク)を利用するメリットとしては豊富な求人数にくわえ、日本看護協会が運営しているので安心して利用することができるといったことが挙げられます。

 

また、職員は看護資格を有しているため、看護師の目線で、看護師にしか分からない悩みの相談に乗ってもらうこともできます。

 

しかし職員はあくまでも看護のプロであって、転職のプロではないため、転職・就業に関してはあまり詳しいアドバイスを受けられないこともあるようです。

 

その他のデメリットとしては仕事が決まるまでのスピードが遅く、時間と手間がかかるということが挙げられます。

 

時間に余裕があり、手間をかけてでも自分で仕事を探さなければ安心できないという方におすすめです。

 

 

 

トップページ